愛ちゃんの農ある暮らし8ー私の求めた移住

スタッフの 愛ちゃんのブログ。長野県松本市に移住することになり、そこでの移住生活を紹介します。

移住は引っ越し?

「移住」と聞くと、とても勇気のいることのように聞こえますが、引っ越しですよね。狭い日本で、わたしの場合は、ちょっと250km離れた松本で、高速道路を使えば、3時間、好きな歌でも歌いながらビューンと着いてしまう距離です。と、軽く言えば、やー、そうはいうけれど私には出来ないよ。と思う人がほとんどなのではないでしょうか(笑)

まぁ正直いって、簡単じゃありません。何が簡単ではないのかというと、プライドと勇気を持ち続けてゆく事が簡単じゃないと思っています。

私の選んだライフスタイルが完全に少数派だと自覚

藤沢では、コトモファームで好きなように畑をしながら、勉強も出来たし、お金をいただいて農園の手伝いもして、畑を通してたくさんの人と関わることができて、とても最高の環境だと感じると同時に、限界を感じていました。限界。藤沢での生活を維持しながら私のやりたい畑をやるのはいつになっても無理だと、畑をコトモファームで始めて3年半経った頃から感じ始めたのです。

で、私は、私の選んだライフスタイルが完全に少数派だと自覚しています。自覚することも大事です。他人を否定することで自分を保ったりしなくていいですし、無駄に敵を作りません(笑)自分が自分でいる事は、とても難しいもんです。気をぬくと誰が作ったか分からない当たり前にとらわれてしまいます。誰かの価値観にとらわれることなく、自分で感じ、相手を知り、考える。畑だけじゃなく、生きるために、自分を楽にするために大事なことだと思っています。

自分の価値観で生きれるパワーがないと、すぐに元の生活に戻っちゃう

田舎暮らしにまつわるさまざまないわれがあるとは思いますが、わたしは、自分の価値観で生きれるパワーがないと、すぐに元の生活に戻っちゃうと思います。悪気などなく、お隣さんに仕事を紹介されたりして、ついお金欲しさにバイトしようとしてしまいますが、そういう生活しちゃったら、ここに来た意味ないって思い直す事だって一苦労ですよ(笑)

怖いし、迷うし、あってるか分からない、でも自分で決めていかなくてはいけない。プライドを持っていないと、立っていられないって思います。自分が人と違う事を意識して、だからこそ他の人を尊敬してゆく事で、自分が自分として生きていけるように。それが私の求めた移住であり、自己実現であり、生活なのだろうと思います。畑って本当、すごいですね。私が私であるために畑ですよ?いや、本当すごい(笑)

なんなら、通常より多くの人に支えられているような気がします

とか、結構強烈なことをいい続けていますが、決してわたしは今一人で歯をくいしばって畑に立っているわけではなく、沢山の人や家族に支えられて生きています。なんなら、通常より多くの人に支えられているような気がします。老若男女、沢山の人から可愛がられています。何を隠そう私、モテるんです・・・冗談ですが。。。(笑)

とにかく、そういう生き方がわたしには心地よいですし、わたしの野菜を使った料理の写真を送ってくれて、美味しかったよ!と楽しそうにしてくれる人たちがいる事に、とても感動します。やっぱりわたしが欲しいと思うような、当然美味しくて、元気で楽しそうな、表情のある野菜が欲しい人ってたくさんいるんじゃん!という実感も持ちはじめました。

勇気を持って畑に立って野菜を作っています

人に野菜を提供して、喜ばれていますが、別に誰ひとりの食も支えてないし、畑だけで生活もできていません。お金もありません(笑)それでも自分が何にも変えがたい幸せな時を過ごしていると、そんなふうに感じながら生活ができるのは、プライドしかありません。大げさに言えば、自分の生活の真ん中にプライドを、そして何にもとらわれず、勇気を持って畑に立って野菜を作っています。

さて、みなさん、移住する気にならなくなる話でしたね(笑)しかも精神論というかなんというか。でも本当に簡単じゃないし、どんどん新しい夢や希望が出てくるし、これからもなんだか騒がしく、楽しくやっていけると信じています。

1週間千円の予算で食費を組んで、余ったりも

で、そんな私の松本での畑以外の生活はと言いますと、一番の収入が、事務仕事です。それ以外は、野菜ボックス料金。時間の割合は、畑8割、事務2割です。あとは、パン屋さんを色々手伝ってパンをもらったりします。これがまた菓子パンじゃなく、こだわりのドイツパンでして、体に優しいし美味しいし、とても助かります。そして自分の野菜。買うのは、たまご、豆腐類ですね。1週間千円の予算で食費を組んで、余ったりもします(笑)お米は頂き物がありますし、パン職人のような、料理人のような人と同居してますのでいつもおいしいパンや、ご飯に囲まれてます。ラッキー(笑)

それが、まぁなんでしょうか、いかにして食べているかってところです。食材をどう料理するか、いつも頭を働かせて料理しているし、すごいよね、収穫して来て、洗って処理して、やっと料理ですからね(笑)頭が休まる時はありません。

可愛くなくなった切り干し大根

そうそう、冬のために、間引き大根を丁寧に短冊切りして干したら・・・乾燥して網から落ちてきます・・・。間引の紅芯大根も可愛かったので干してみたら、全然可愛くなくなりました。サラダにしてあげた方が本領発揮できたかなぁ(笑)

山全体が紅葉

松本は、360度山に囲まれています。うちからは、玄関をあければ北アルプスや、乗鞍高原が見えて、後ろにも近所の山。遠くの高い北アルプスが白くなる頃、近所の山が紅葉し始めました。藤沢に住んでいたときは、あまり意識しなかったのですが、山全体が紅葉するんですね。赤や黄色、紅葉しない奴は緑のままだったりして、とても綺麗です。銀杏並木とかいうんじゃなくて、山がモコモコ紅葉します。すごい可愛い(笑)

近所の軒先に柿が吊るされ始め

そういう環境にいたら、当然山に登りたくなります。街に出ても登山に関する物が結構売っています。近所の山に登って落ち葉を集めてみたり、山小屋に泊まって八ヶ岳に登ってみたり、近所の軒先に柿が吊るされ始めて、うらやましくなって、私たちもやってみたりと、相当楽しんでいます。

湧き水を料理用に汲んで使う

あとね、松本ってなんか水が豊かでして、お城のまわりに、いくつか湧き水が出ているので、料理用に水を汲んで使っています。水道の水も藤沢より美味しいですが、湧水はさらに美味しいです。

湧き水が汲める場所

口当たりがまろやかな温泉水

そして、最近では、近所の温泉で飲む用の水がくめる事を知って、温泉入りながら温泉水を汲んでいます。これがまたすごい美味しいんです。口当たりがまろやかで。汲んでいる姿を想像してみるとウケますよ、ホカホカですが全裸ですから(笑)

この近所の温泉というのは、完全にコミュニティーが出来上がっている感じです。苦手な人は苦手かも知れませんが、みているととても面白いですよ。脱衣所でジャムをあげてる人がいたりとか、これお父さんがとったくるみ!とか言って差し入れしていたり(笑)いつか仲間入りして、大根でも配りましょう(笑)

300円の町の温泉

真冬をどうするか!

さて、次回このブログを書くときには、もう農作業ができない状況になっているかも知れません。それくらいこちらは冷え込んで来ましたよ~。昼夜の寒暖差が大きいからか、野菜がすごい美味しいです。私の実力以上のものができている気がします!真冬をどうするか、まだ考えられないという先を読めない私ですが、頑張りまーす。

関連記事

愛ちゃんの農ある暮らし1

愛ちゃんの農ある暮らし2

愛ちゃんの農ある暮らし3

愛ちゃんの農ある暮らし4

愛ちゃんの農ある暮らし5

愛ちゃんの農ある暮らし6

愛ちゃんの農ある暮らし7

愛ちゃんの農ある暮らし8

愛ちゃんの農ある暮らし9

#スローライフ #自然体験 #自給自足 #自然栽培 #農業 #自家採種 #無肥料栽培 #藤沢市 #貸し農園 #家庭菜園 #30代 #体験農園

​最新記事
​月別
​タグ
まだタグはありません。

記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?