お問い合わせ|070-6556-5300|cotomofarm@eto-na-en.com         Copyright © ETO NA EN

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン

​記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

コトモファームとは?

藤沢にある手ぶらでこれる農家指導付きの市民農園です。週末だけの家庭菜園、移住、就農、田舎暮らし、自給自足、半農半Xなど「農あるライフスタイル」を応援します。

コトモファーム湘南藤沢 神奈川県藤沢市葛原1100−9  

藤沢の「農」情報

P3300200.jpg
サービス概要はこちら

プロフェッショナル

インタビュー

新着記事

December 26, 2018

農福連携にとって藤沢市がすごいポテンシャルを秘めてるんじゃないかと思い、書いているシリーズ。

「農」と「福」が連携する上で、「農業」と「福祉」お互いの理解と歩み寄りが必要だと思い、先日は農家から見て福祉のことで知らなかった点をまとめてみました。

今回は、福祉関係の職場で働く方や、そもそも農業者じゃない人にとって「農家」とはどういうイメージであり、それが実際とはどう違うかをまとめてみようと思いました。

もちろん個別に見ると色んな農家さんがいます。そして個別に見ると農福連携も多様な形があると思います。しかし、全体として見ることで、よく言われて...

December 17, 2018

 写真左:鈴木博人さん 写真右:瀬戸義章さん 

瀬戸さん:瀬戸義章と申します。本業はフリーライターです。

いろんな企業の製品、例えばウォークマンの新型が出ましたよとかなったら、それの企画した人に話を聞いて、苦労した点とか、どういう風に開発していったかとか、ユーザーの反響はとか、「このウォークマンのこの形にはすごい大変だったんです!」っていうのを聞いて、それを記事にしていくのが主な仕事です。

以前から環境問題に興味

出身は神奈川県で、現在は鎌倉市に住んでいます。35歳です。

なぜ畑を始めたかですけど、長崎大学の環境科学部を卒業して、以前から環境...

December 10, 2018

Qなんで、かながわ農業アカデミーではなく、農家さんの元での研修を選んだか? Q研修をやってどうだったか?力がついたか? Qなんで、独立就農するのはやめ、就職したか? それぞれについてお答えします。

December 6, 2018

シリーズ「農福連携の街 藤沢」

今回は、実際に農福連携を始めてみようと考えておられる方や、

個人として知り合いに、ちょっと引きこもりがちな方や、障害を持った方などがいる方に向けの記事です。

「農福連携をやろう!」と思い立ったとしてもいざ「何をやればいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

全国農福連携推進協議会(http://noufuku.jp)という農林水産省と厚生労働省が関わっている協議会では導入にあたっての相談ができるようですが、この記事で書くのは少し違った観点からです。

いきなり「事業所として取り組む」のはハードルが高...

November 29, 2018

小沼陽子さん 藤沢市在住

私は茅ヶ崎に生まれて今辻堂に住んでいます。14歳の息子と11歳の娘、そして夫との四人家族です。子供の頃は学校も大好きで、いっぱい遊んで毎日楽しいっていう生活を送ってきました。

 
都内での仕事と子育てとでいっぱいいっぱいだった
仕事は都内の金融系の会社に20年間勤めてきました。

息子が保育園の頃は東京に住んでいました。仕事は忙しく、保育園に一番に連れて行き、一番最後にお迎えに行くという日々を送っていました。

夫の職場は茅ヶ崎だったので、送り迎えなどは当てになりませんでした。全部私がやらなきゃっていう思い...

Please reload

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now