愛ちゃんの農ある暮らし14ーパン・苗・近所

スタッフの 愛ちゃんのブログ。長野県松本市に移住することになり、そこでの移住生活を紹介します。

石窯パンを焼く

こんにちは!みなさんは藤沢でもう夏野菜の植え付け時期ですね。

こちらはGW明けが植え付けの時期です。

実はそれでもちょっと怖い遅霜!!!

いやー、必ず来るんですよ、遅霜。

なので、我慢してGW明け、20日ごろでもいいかもしれません。ということで、パン屋さんのお手伝いをしに、GWは乗鞍高原で石窯パンを焼いて来ました!

石窯で焼くパンは、違うんですよ。やっぱりね、炎。すごいもんです。窯の中で火を焚いて、蓄熱して、炎で焼くのではなく、その熱で焼くんですが、なぜかその重要だろう窯番に私がなってきました。パンを焼いた後はピザを焼いたりして、誰がどう見ても、パン屋でした。

私って、ほんと、なんていうんでしょう、何者なのでしょうね?自由でヘラヘラしてるように見えますかね?(笑)でもそう見えていたら嬉しいです。本業とか、私にはどうでもいいのです。

苗作りの失敗

で、畑の話です。夏野菜の苗を当然作ってるんですけれど、前にも書いたかな。苗、何度も死んでしまいまして、植えるには心もとない雰囲気。。。平たく言うと、私の失敗ですね。

温床もうまく行ったのですが、温床が温まらなくなったあたりで、だいぶ寒い日が続いたり、春分の日の雪で結構やられてしまいました。

失敗から学ぶことは多いのですが、読みが甘すぎた!私は健康優良児だから寒さに耐えれても、野菜はそうはいかない!今年はどうすんのよ。って話。困ってます。

ですが、失敗から学ぶことは多いし、だいたい私去年のこの時期はまだ藤沢だった、そうだ初めての季節だし、大丈夫、大丈夫。。。

さて、そう言うわけで困りはしますが、「思い通りにいかないなぁ」なんて思ってちょっとハッとします。謙虚に自然と向き合い続けたいと思いながら、思い通りにいかないなんて思っちゃって、なんてこった!笑。

自然と向き合い続ける

引っ越してまだ1年経っていませんが、日々気温やメモをしていることが、次の季節や、また別の場所でやることになったって、活きてくるはずです。

今回うっかり思ってしまった「思い通りにいかない」なんて言う非常に傲慢な気持ちも、いつも淡々とひたむきに土と向き合っていくために必要だったのかもしれません。

自然と向き合い続けると言うことはどう言うことか。これ、答えられる人がいるのでしょうか。私は昔から答えの出ないと言うか、「ない」ものを永遠と考え続けることができる変な人で、きっと永遠と思い続け、向き合うことが向き合ってくことなんでしょうけれど(笑)

例えば恋愛とかで、こんな風に片思いし続けるようなことは決してできません。全然できません。だけど畑だけは、なんかずっと思い続けていける気がします。話が変になりましたね(笑)

あ、それでね、否定したいとかそう言うことじゃなくて、ここ松本はとても自然豊かですし、山に囲まれ、田畑が広がるいいところです。でも、田畑や自然が多い分、農薬や除草剤の散布を目の当たりにする機会もぐっと増えました。辛い。

私は、自分が食べるものに農薬をかけたくないと言うよりは、環境のことを考えているタイプ。なので、圧倒的多数の田畑で散布されている薬になんとも言えない気持ちになります。

こぼれ種からできた野菜たちがお腹を満たしてくれた

さて、苗の失敗とか色々ありますが、去年の夏よりいい土ができている気がします。夏は黙っていても野菜できるだろうし、いかに野菜がない時期を生き抜くのかと言うことに焦点を当て、保存の効く食べ物を植える計画もしてあるし、きっと大丈夫!

そうだ、野菜のない時期に私のお腹を満たしてくれたのは、こぼれ種からできた野菜達でした。なんだかもうほんとうに生かされてると言うことじゃないでしょうか(笑)

あれ、なんか貧乏くさい話に聞こえます?(笑)これでいて豊かなつもりでいるのですが・・・。まぁ確かに体重落ちたりはしていますが、決して食えないからではありませんよ!笑。

近所の方との関係

ほんとうに実感するのですが、田舎は食べているものが違います。季節のものも豊富で、質素だけれども、隣の人だとか、大家さんだとかが、山菜をくれたり、野菜をくれたりもして、豊かだと言えるなぁと思います。

そうだ、大家さんが家の隣の畑をちょこっとだけ貸してくれました。コトモファームの畑の2区画分くらいでしょうか。遠慮なく借りましたよ。

「これだけあれば夏の食べ物は問題ないだろ〜」とか言って貸してくれました。

あと、猫がいるのですが、GWは乗鞍に連れて行かないとダメかなぁ、猫もかわいそうだなぁって思っていたのですが、隣のおばちゃんが、

「乗鞍に猫なんて、熊の餌持ってくようなものだよ!私が見ておいてあげるから置いて行きなさい!」

といってくれたので、ここも遠慮なく甘えさせてもらいました。

熊の餌って・・・でも本当に普通に熊がいるところなので完全な冗談ってわけでもないところがすごいですよね(笑)しっかり面倒を見てくれ、メールで様子を伝えてもくれました。

これらは田舎ゆえなのでしょうか?(笑)松本ってなんか丁度いい雰囲気がありまして。

というのも、そこまで田舎ってわけでもないのもあって、移住者もそこそこいて、そこそこいる分、ずっと松本に住んでいる人も移住者に慣れている気がします。

なんでもしっかり話を聞いて、聞くだけじゃなくていくつか質問したりしていると、ものすごく親切に教えてくれます。ただ単に私のコミュニケーション能力が高いとか、そういう話だけでもないんじゃないかな、この街は。と思います。

さぁ、今週は雨が続く上に、まだ明け方は10度そこそこまで下がるようです。雨が上がるのを待って、やっぱり20日ごろに夏野菜の植え付けです!だれか手伝いにきて!笑

関連記事

最初の記事

愛ちゃんの農ある暮らし1

前回の記事

愛ちゃんの農ある暮らし13

#スローライフ #自然体験 #自給自足 #自然栽培 #農業 #自家採種 #無肥料栽培 #藤沢市 #貸し農園 #家庭菜園 #30代 #体験農園

​最新記事
​月別
​タグ
まだタグはありません。

記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?