川村さんに聞く料理の作り方2「ローズマリーポテト」


日頃「外食」か「野菜を焼くか煮るか蒸すかし、塩か醤油をかけて食べる」といった簡単な料理しかしない山田が、料理をしている川村さんに料理について聞く企画。

第二弾は「ローズマリーポテト」

川村さん「何?山ちゃん気持ち悪い顔して。」

山田「ひどい!!素敵な笑顔って言ってくださいよ。」

山田「実は畑のお客さんがローズマリーを育てていて、頂いたんですよ。これが本当いい香りで。」

川村さん「それなら、ローズマリーポテトが作れるわね。」

山田「ローズマリーポテト???

川村さん「あれ?食べたことない?それじゃあ簡単だし明日作ってくるね。」

・・・翌日・・・

川村さん「さあ、作ってきたわよ」

山田「ありがとうございます!」

山田「おお!!鶏肉まで。なんだかクリスマスっぽいですね!しかもお皿がおしゃれ!」

川村さん「ふふ、そうでしょう。」

山田「では、早速、いただきます!」

・・・・・・・・・

山田「なんじゃこりゃ!!ううう、うまい!味のクリスマスプレゼントや

川村さん「あれ、驚いた表情、前回(かぼちゃスープ)の使い回しじゃない?」

山田「バレましたか。。何度も僕の写真を撮ってもらうの憚られまして。」

「・・・それはそうと、これどうやって作るんですか?」

川村さん「まあいいわ。そうね、すごく簡単よ。本当にシンプル。」

「用意するものは、ローズマリー、塩、胡椒、にんにく、ジャガイモ、オリーブオイルくらいなものね」

「それでジップロックにジャガイモ、オリーブオイル、塩、胡椒、スライスしたにんにくを入れて」

「鶏肉にも塩胡椒をまぶして」

「同じジップロックに入れて、あとは一晩寝かせておくの。」

山田「・・・・え?もう終わりですか??10年の修行の末編み出した隠し味のつけ方とか、50万円する調理器具を使った最先端な加工とかないんですか??」

川村さん「これで終わりよ!そんなものはないわ!

「もちろんそのまま食べるわけじゃないわよ。食べる当日火を通せば終わりね。フライパンで焼いたり、オーブンで焼いたりするわ。」

山田「すごい、、、案外簡単そう。」

「あ、食べてみて思い出したんですが、食べたことある味でした。高級なレストランとかで食べた気がします。」

川村さん「そうね、結構付け合わせとかで出てくるわね。クリスマスディナーとかにも出てくるんじゃないかしら。」

山田「それはそうと、ハーブを使った系のオシャレな料理は中々頭に浮かんできませんね。ハードルが高そうというか。」

川村さん「案外ハーブって使い勝手がいいのよ。ミントとかもちょっとお湯につけとけばミントティーになるし。夏はバジルでソース作ったりもするわね。」

山田「確かに、お客さんもバジルを自分の区画で育てられてて、ワシャワシャ採れてますもんね。」

川村さん「やっぱり、畑で自分が育てた作物を頂くって何だか豊かな気がするわ。」

「バジルは白い小さな花を咲かせるのね、なんてこと育ててみないと知らないじゃない。そういう季節や畑の様子、一見味とは関係ないようなことも感じながら食べるってことが『味わう』ってことじゃないかしら」

川村さん「もちろん、自分が育てたってだけじゃなくても、知っている人が育てたものだったり、行ったことがある畑だったりすると、何だか食べながら色んなことが心に浮かぶわ。食事ってお腹を満たすだけじゃなくて、心を満たすこともできる行為だと思うの。」

山田「はー、深いっす。そういう豊かな生活をするには、えと菜園の体験農園、コトモファームで畑をやるのがいいってことですね、へへへ。」

川村さん「何浅い営業トークでまとめてるのよ!

山田「す、すみません。でも、バジルの苗はコトモファームで毎回用意させていただいたり、ご自身で用意したハーブを育てられていたり、野菜だけじゃなくてハーブ系を育ててみるって楽しみ方もありますよね。」

川村さん「まあ、そうね。野菜だけじゃなくて、ハーブ系も育てて、いつもの食卓を少し彩るなんてこともいいわよね。」

・・・クリスマス、ご家庭でローズマリーポテトを作ってみてはいかがでしょうか?

案外簡単にできて、しかも美味しいですよ!

そしてさらに、コトモファームでハーブを育て、食卓を彩ってみませんか!?

終わり

<関連記事>

シリーズ前回作

川村さんに聞く料理の作り方1「かぼちゃスープ」

コトモファームのサービスを紹介

週1時間で20種類の野菜づくりを楽しむ農園@湘南藤沢

#子育て #無農薬野菜 #藤沢市 #コトモファーム #貸し農園 #家庭菜園 #野菜料理

​最新記事
​月別
​タグ
まだタグはありません。

記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?