畑仕事と採れた野菜で健康に。一つの区画を友達同士で利用。


大寺 美保子さん 60代 ヨガインストラクター 藤沢市在住

榊  直美 さん 40代 主婦 横浜市在住

昔から自給自足に興味

大寺さん:

 榊さんとは違う方と始めて、その方が辞めるということで、新しく榊さんを誘って今に至るという感じですね。郵便局でチラシを見て菜園体験コトモファーム湘南藤沢のことを知って。その後マルシェで話を聞いて見学に来て。今は始めて丸2年目。

 衣食住に興味があって、20年前はそういうのを目指したときもあって。自給自足のような生活をしたいなって。その時は、田んぼと畑をやって鶏を育てて。でも一年でポシャっちゃって。今はここで野菜を作って、柿右衛門農園さん(藤沢の農家さん)の自然農塾で田んぼをやっています。

夫婦仲がよくなった?

大寺さん:

 初め一緒にやってた方はご夫婦で来られてたんですが、夫婦仲が良くなったそうです。会話がね。子供が大きくなったら、話題がなくなるの。

 旦那さんは最初畑に全然興味示さなかったんですって。でも私が誘って、一緒にやりましょうよって言ってやり始めたら、一番がんばっちゃって。張り切っちゃってね。今度は広いところ、友達がやってるとこで少しやらせてもらうって。

食習慣を変えると犬と夫の体調がよくなった

榊さん:

 私は関わり始めてからは半年ですね。

最初は飼っているチワワに美味しいもの食べさせようと思って始まったんですけど。その時、夫も体調悪くなってきたのでいい野菜を買うようになって、野菜を犬にあげて、残りを人間が食べてたんです(笑

 その子がドックフードとか全然ダメだったので。食べさせていると、なんか口の周りが真っ赤になっちゃったり、毛並みやフンとかもよくなかった。野菜を食べるようになってからすごい変わりましたね。

 そうやっていくと夫の健康も明らかに変わりました。体調が良くなって、糖尿病があったんですけど、数値的に普通に。食事だけで変わったので。犬から勉強させてもらった。良く考えたら添加物いっぱいのものを自分も食べてたんだなって。だから食には興味があって、それで大寺さんに誘ってもらってコトモファームを始めることにしました。これから初めての夏ですね。これまでは静かで、シーンとしてましたね。

大寺さん:

 これからはやることあるからね。草も生えるし。

 昨年はモロヘイヤがとにかく凄かった。大きくなって沢山採れますよって言われてもいっぱい植えたくなるんですよ。笑

 二本だけしか植えてないのに食べきれなかった。

畑に手軽に来れて、種を無駄にしないのが良い

榊さん:

 ここは気軽にこれますよね。自分が来れば、あと道具は全部そろってるので。

大寺さん:

道具持って移動するって大変なんですよ。

榊さん:

 夫の両親が市民農園のようなところで畑をやっているんですが、その畑に行くより、楽ですもん。市民農園は下手すると水を持ってかないといけないところもあって。ここは種や苗も自分たちで揃えるし。それを考えると、楽にいいものが育てられるって。

大寺さん:

種を買っても結構無駄になっちゃうじゃないですか。前に借りていたところが同じくらいの大きさだったんですけど、種一袋買っても余っちゃう。結構無駄になっちゃうから。

しっかりと教えてもらえるのがいい

大寺さん:

 やっぱ教えてもらえるのがいい。その前私市民農園で2年くらいやっていたんですよ。教えてくれる人はいないですし、周りは肥料を与えるのが当たり前で。必ず肥料入れるし石灰もまくし。除草剤は共同のところなので使わないんだけど、私とのやりたいやり方とは違って。

 あと3年に一回場所を変えるところだったんです。私は肥料も何もやらずにやってたんですけど、土を作れないですよね。あと種を蒔いた時とか水をやってたんですよ。コトモファームでは、水を撒かなくてもよくて楽だし、それで育つんだって驚きでした。ここの良さは愛ちゃんと小島さん(スタッフの二人)に面倒を見てもらえるところが素晴らしい。

榊さん:

習うとやっぱり違いますよね。

やり方を決め付けず、選択肢を教えてくれる

大寺さん:

 F1とか固定種とかそういう違いとか、なんとなくしかわかんなかったのが、作物見てね。今までだと固定種はいいけどF1はダメ、みたいな、なんか「悪」みたいな感じだったけど、それぞれやっぱり良いところと悪いところがあるって教えてもらって。決め付けないで話をしてくださるので、良いですね。選んでいいですよって。

 あと、農家の人で自然栽培は無理っていう方がいらっしゃるんですけど、畑がどういう位置付けかが大事ですよね。

榊さん:

大量に作るわけじゃなくて、自分達で食べるだけなら十分だってこともあるし。

数人で畑を始めるよさ

大寺さん:

最初は友達と始めるのがいいかもしれない。そうすると一人来れない時に。

榊さん:

用事があるときでもどっちかが来れたりもするので。

大寺さん:

それで十分採れますし。夏とか採れすぎるくらい。一人だと食べきれないよね。

榊さん:

ちょっと採ればその日すぐ食べれるし。今日も大根採れて、葉っぱとかも食べれますし。ほんと自分で作ってると安心して食べられる。

大寺さん:

採れた野菜はおいしいですねぇ。やっぱり。味が全然違う。

日頃、食を含め、健康に関わることをやっている

大寺さん:

 今は「健康を考える会 結(ゆい)」っていうのをやっています。講師の方を呼んで、勉強会っていうか交流会のような、情報交換しましょうっていうね。農家の方に来ていただいてお話ししていただいたこともあるし。

榊さん:

 私はイベントのお手伝いに行ったり。グルテンフリーの米粉のパンやお菓子などを作っていて。食のことを考えた時にグルテン取り過ぎも良くないかなって思うようになって、自分で作るようになったら、友達に誘われて。ちょこっと出店させてもらったりとか。

大寺さん:

 私はヨガを20代からやってたので、そういう体とか食の話に興味があったの。今はヨガのインストラクターをやっているんだけど。

榊さん:

 うち今、夫婦で通ってるんですよ。文化センター、湘南台の。そこは夜コースなので通いやすいんですよね!

<関連記事>

コトモファームってどんなサービス?

週1時間で20種類の野菜づくりを楽しむ農園@湘南藤沢

#60代以上 #スローライフ #自給自足 #自然栽培 #農業 #藤沢市 #貸し農園 #コトモファーム #40代 #食育 #健康 #横浜市

​最新記事
​月別
​タグ
まだタグはありません。

記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?