ダイエットに失敗する人に家庭菜園・貸し農園を勧めたい5つの理由

貸し農園・家庭菜園など野菜作りというと「奥様の優雅な趣味」や「老後の土いじり」というイメージがないでしょうか?

お客さんのインタビューをしてきて、見えてきた野菜作りの魅力。

実は幅広く、いろんな方の生活を豊かにしてくれます。

そこで、野菜作りをいつもとはちょっと違う切り口で、「実はこんな方にもオススメ」であることを紹介します。

ダイエットに失敗する人に家庭菜園・貸し農園を勧めたい5つの理由

お客さんの話を聞いていると、こんな声がチラホラありました。

「日頃から野菜をよく食べるようになった」

「子供の便秘が治った」

「体調が良くなって糖尿病の数値が数値的に普通になった」

またこんな声も。

「夏痩せましたよ。会社の仲間に痩せたねってよく言われて、どっか体が悪くなっていたら嫌だなと思ったんですけど。健康診断の結果が前より良くて、オールAでした。それまでオールAなんて何年も取ったことなかったんですけど、引き締まったんだなって。」

畑での野菜作りには、何かしら健康が良くなる理由があるのではないかと、その理由を考えてみました。

1 生活習慣に変化

 ダイエットが失敗する理由は何でしょうか。やはり急に習慣を変えようとして無理が生じ、続かないことが一番ではないでしょうか。

 食べている量を減らしたり、食べるものを変えたり、日ごろに運動を組み込んだり。言うは易し、行うは難しです。

 家庭菜園や貸し農園、特に畑で行う野菜作りは無理なく生活習慣を変化させることができます。その理由を挙げていきます。

2 無理のない運動

かける負荷が強いほどカロリーの消費にはいいのでしょうが、日頃やっていない運動をいきなり生活に組み込むのって無理じゃないですか?

「よし、今日から走ろう」と1日目は出来るかもしれません。

3日続きました。すごい!

4日目雨が降りました。「うーん、雨の日に走って風邪でもひいたら、走れなくなっちゃうな。これじゃ本末転倒だ。今日は休もう」

5日目仕事の帰りが遅くなりました。「うーん、もう今日は遅いし。明日は週末だから朝に走るのは気持ちがいいな。よし、朝に走ろう」

6日目寝坊「寝坊しちゃったな。昼間は暑いし熱中症にでもなったら大変だ。夜にするか」・・・

負荷のきつさと、浮かんでくる言い訳の量は比例すると思います。

その「きつさ」が好きな人もいますが、そういう人はダイエットに悩んでいないのではないでしょうか。

じゃあ、なぜ畑で行う野菜作りがいいのか。

まず、きつすぎないです。老若男女楽しめるだけあって体に強い負荷がかかることはそんなにないです。

(畑には色んな方が通われています)

全くないわけでもなく、土を耕すことなどいい運動になります。

何より日中の作業になるので、暖かい日など作業しているとジワッと汗をかきます。

次に、畑に来ればいいという点が大きいです。自宅での運動と比べ、そこに行けば運動をするという場所を持つことは続ける上でのコツですね。

しかも、体験農園コトモファームなら農機具をレンタルできて、種や苗も用意してあるので、身一つで来ることができ、準備に時間がかからないのもいいですね。

3 1回1回目に見える効果

体重に変化があることが一番の成果ですが、そうすぐに変わりませんし、戻ったりもします。

やったことの効果が見えるのは続けることのモチベーションになりますよね。

畑での野菜作りはその点、その日自分が体を動かした成果が畑に現れます。草を刈り、畑を耕し、苗を植えと来た時と帰る時とでは風景が変わります。

つまり、自分の運動が可視化されるわけです!

(体験農園コトモファームでの一人の区画の広さ)

これってすごく「やった感」が得られます。1回1回の「やった感」があれば、またやろうって思えますよね。

4 ストレス解消に

次にどういう時に暴飲暴食してしまうのか。

運動後お腹が空いているときでしょうか?それもあるかも知れません。

でも一番は、ストレスを感じているときではないでしょうか?

ストレス解消に暴飲暴食してしまう方も多いと聞きます。

この点畑での野菜作りなら、広々とした空間でとてもリフレッシュできます。

(広々とした空間)

室内・工場内・車内など密室空間での仕事をされている方などもいるかも知れません。

平日溜まったストレスを週末に外で解消するのはいかがでしょうか?

5 自分で育てた野菜は食べる気になる

最後に、食べるものについて。

ダイエットをしようとするとき思い浮かぶのは食事改善です。

脂質や炭水化物を減らし、野菜などをとろうとしますよね。

けど、日頃あまり食べない野菜を急に食べるようにするのは難しいのではないでしょうか?

この点野菜作りなら、自分で手をかけ育てた野菜を収穫して持って帰ることができます。

(体験農園コトモファーム では年間20種程度の野菜が栽培できる)

手にかけた野菜ですから、あまり日頃野菜を食べようとしない人でも食べる気になります。売っている野菜には思い入れがなくとも、自分の育てた野菜は自分だけの特別な野菜です。

しかも美味しいです。収穫したての新鮮なものを食べることができます。手前味噌効果もあります(笑)

野菜育てても料理が苦手という人は、トマトやキュウリなどそのまま食べられるものを中心に育ててもいいかも知れません。

終わりに

ここまでダイエットに関して書いてきましたが、大事なのは痩せることではないと思っています。

無理なダイエットをして健康を害したら元も子もありません。

大事なのは今より健康になることだと思います。

即効性はありませんが、畑での野菜作りは日頃の生活習慣をちょっと変えてくれて、健康になる手助けをしてくれるものだと感じています。

最後に宣伝

この記事でちょっと畑で野菜育てをやってみようと興味を持たれた方は、体験農園コトモファームにどうぞ!

体験農園コトモファームHPへ

サービス内容を写真多めでまとめたページはこちら

#市民農園 #無農薬野菜 #貸し農園 #家庭菜園 #レンタル農園 #野菜料理 #健康 #美容

​最新記事
​月別
​タグ
まだタグはありません。

記事、noteへ移行しました!→https://note.mu/cotomofarm

あなたにあった農との関わり方を考えてみませんか?